ビル管理の警備

ビル管理というと、何かあったら警備に連絡するというくらい、警備員と密接な関係にあります。ビルメンテナンスは、もしものために安全を確保しなければなりません。

消防設備や防災管理はビルメンテナンスの要ですよね。ビルディングによって、警備とか防災センターなどと呼ばれますが、これら警備業務に要求されるのはどちらもビルディングの保全です。

警備員は、どこに行ってもよく見かけます。それだけ求人も多い職種です。工事現場や駐車場、スーパーやデパート、オフィスビル、その他に現金輸送していたり、要人警護をしていたりとすべて警備員の範疇です。

これらの警備業務は大きく4つに分かれます。要人警護、いわゆるSPは身辺警護といって、4号警備になります。貴金属運搬は3号警備、交通誘導は2号警備、そしてビル管理はなどの施設警備は1号警備、ということになります。これらは等級は異なりますが、警備員の仕事に付くためには必ず身分証明書の提出が求められます。これは運転免許証などではなく、本籍地の役所で発行されたものでなければならず、一般の仕事ではここまで厳しい身分証を提出することは少ないと思います。

しかし、警備員は、アルバイトであっても身分証明書の提示が警備業法で定められています。他に住民票や健康診断書も必要になる職業なのです。しかし、警備員には警察官のような特別な権限はありません。あくまでも一般市民ですので、警察のような職務質問や交通整理などはしてはいけないことになっています。

それらを踏まえ、不審者や不審物の処理や緊急や救急時の対応について訓練を受けています。